沖縄子育て良品の授乳クッションが新聞に紹介されました【No.4】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

授乳クッション(SANGOくっしょん)が沖縄タイムスにて紹介されました。

2017.01.13掲載

授乳用クッション特許取得

子育てグッズ販売の「沖縄子育て良品」(南風原町、野添かおり代表)が開発した、赤ちゃん授乳用クッションの「SANGO(さんご)くっしょん」がこのほど、特許を取得した。一般的な品よりも多量の中綿を使うことで安定性が増し、母親が楽に授乳できる。上部が水平で乳児の寝床としても使える。クッション布の裁断方法が特許取得となった。

「子育て良品」開発 多量の中綿使い安定性

商品を監修した助産師の喜久山仁美さんや野添代表によると、一般的な授乳クッションの中綿の量は各部分で均一ではなく、使用するとへたってしまうことが多い。一方、「SANGOくっしょん」は一般品の2倍量の中綿で均一な厚みをもたせ、授乳時に赤ちゃんの位置を一定の高さに保つ。中央のくぼみを埋めるクッションと首枕も併用すれば、「赤ちゃんの背骨が丸くなり、おなかの中にいるイメージになる。安心してよく眠る」(野添代表)という。

特許取得について

特許証の交付は12月22日付。裁断から縫製まで県内で製造する。大量生産はせず、安全な使い方を指導したうえで販売する方針。週1回、助産師も来店し、無料で指導する。野添代表は「安全に楽しく子育てしてほしい」とPRした。

商品は税抜き7500円。商品や助産師の来店について問い合わせ同店、電話098(996)2550
助産師がいる日程はこちらから
http://kosodate-ryouhin.net/zyosanshigairuomise_201706

■沖縄子育て良品コメント■
沖縄タイムスにて、助産師と共同開発で製作した、授乳クッション(SANGOくっしょん)が 紹介されました。SANGOくっしょんは、授乳時の悩みを軽減できる授乳クッションです。
胎内姿勢をヒントに工夫して製作した、赤ちゃんとママに優しいへたらない授乳クッションです。

※寝床としてご使用の際は、赤ちゃんの軌道を塞がないようにご注意ください。
※赤ちゃんのそばを離れないようにして下さい。

特許取得・日本製沖縄産、へたらない授乳クッション

助産師プロデュースでママと赤ちゃんをはっぴぃにする授乳クッションが出来ました!発売直後から新聞などで紹介され話題沸騰、「赤ちゃんが泣き止んだ」「授乳が楽になった」とママの喜びの声も続々届いています。弾力・高さ・大きさ・素材・耐久性などあらゆる部分にこだわったので、ママにとっては一番負担の少ない楽な授乳姿勢がとれる授乳クッション、赤ちゃんにとっては心地よく寝るベットとしても活用可能です。丈夫で長持ちしてヘタりにくく、色柄豊富なカバーはご家庭でも洗濯OK。ぜひ下記から商品をチェックしてみてください!

SANGOクッションを見る

赤ちゃんから使える日焼け止め

アロマの日焼け止めベビー&キッズ

ノンケミカル無添加・国内製造の赤ちゃんから使えるお肌に優しい日焼け止め

月桃&ももの葉保湿ジェル

月桃&ももの葉保湿ジェル

夏はあせも予防に、冬は乾燥肌予防に、一年中家族で使えるしっとり保湿液

沖縄の自然素材が肌を健やかに保つ、自然派スキンケア【琉球肌美人】