ご飯が美味しくなって、教育も出来る自然のお弁当箱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!
沖縄子育て良品の「はっぴー店長」かおりです。

8月も後半、オリンピック応援の徹夜やお盆休みの帰省などで体調を崩す人も出てきているようですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

猛暑+子どもの世話で体力を使い過ぎて、少し疲れてきたなぁというママさんはいらっしゃいませんか。

子どもにとっては嬉し楽しい夏休みも、ママにとってはけっこう大変。
三度の食事作りから一日中元気に走り回る子どもの面倒までを毎日こなすのですから。

それにこの時期は、どこに遊びに連れて行っても、暑いし、何より混んでる…。
家に帰ると疲れてぐったりしてしまうというのも仕方ないことですよね。

疲れがたまってしまい【夏休みストレス】に陥ってしまうママさんもいるようですので、少しでも「疲れたかも」と思ったら、無理せず気分転換してください。

パパや実家に甘えたり、ママ友と交代で子どもを見たり、プールや学童の夏休み教室などを利用してみるのもいいかもしれません。

子どもたちの夏休みももう終盤。
上手に気分転換して、子どもと長く過ごせる大切な時間をママも楽しんじゃいましょう。

『ハッピーになれる木製お弁当箱』

子どもたちは夏休みが終わると、次のイベントは秋の運動会。
大人たちの秋のイベントといえば、ピクニックやハイキングや紅葉狩り。
【スポーツ&行楽の秋】がやってきますね。

そんな時に活躍するのが、『お弁当箱』です。

当店では、種類豊富なオリジナルの『木製お弁当箱』を販売していますが、お客様によく聞かれるのが「プラスチックやアルミのお弁当箱は作らないんですか?」ということ。

確かにプラスチックはレンジで使えて便利だし、アルミは軽いし丈夫ですよね。
汚れも落ちやすいし、落としても壊れにくい。

でも当店では、創業当時から木製お弁当箱しか作っていません。
当店が木製お弁当箱にこだわるのには、理由があります。

今回のマメ知識メルマガでは、私が木製お弁当箱にこだわる理由をみなさまにお伝えします。

ご飯が美味しくなるお弁当箱

木製お弁当箱の最大の特徴といえば、やはり《ご飯が美味しくなる》こと。

木製お弁当箱は、その名の通り、天然素材の木で作られているので、水分を調整する機能に優れています。

私が最初に木製お弁当箱に目を付けたのも、この理由でした。

ステンレスやアルミに入れた食べ物より、木製に入れた食べ物が一番美味しかったのです。
お昼に食べ損ねて夕方に食べたお弁当でも、木製だと「美味しい!」のです。
これには本当に驚きました。

木製お弁当箱は湿度を適度に保ってくれるので、ご飯がべちょっとしたり、固くなったりせずに、冷めてもふんわりしていて美味しく食べれます。

また、通気性が良いので食べ物が腐敗しにくく除菌効果もあります。

ぜひ、炊きたてのご飯をお弁当箱に詰めて、食べてみてください♪

木製お弁当箱

温かみを感じるお弁当箱

次に木製お弁当箱の特徴といえば、どこか懐かしい温かみを感じる木目調の美しい風合いをあげる人が多いのではないのでしょうか。

木目調の器は伝統工芸品としても見られ、普通のおかずでも見た目がワンランクアップします。簡単卵焼きでさえ料亭のような演出が出来るので不思議です(笑)

特に最近は昔懐かしの『曲げわっぱ』が人気で、オシャレなOLさんの間で流行っているとか。

プラスチックやアルミでは感じられない木の温かみや風情を感じ、作る方も食べる方も《幸せな気分》になれる木製お弁当箱、ぜひお試しください。


曲げわっぱお弁当箱バンド付き(太郎2段) https://www.kosodate-ryouhin.co.jp/SHOP/559.html

長く一緒に成長するお弁当箱

木製お弁当箱は、他の素材のお弁当箱と違い、少しデリケートです。

たわしでゴシゴシこすると傷がつきますし、浸け置きや食器洗い機を使うとヒビが入ってしまうこともあります。

子どもが幼稚園の頃はぶつけてしまい、ヒビが入った状態で持って帰ってきたこともありました。

『乱暴に使うとヒビが入ったり、木目に沿って割れてしまうことがある』
それが、木製お弁当箱です。

だからこそ、「大事に物を使うこと」が教えられると私は思っています。

実際に私の子どもも、昔ヒビを入れた時に注意をすると、お弁当箱の扱いが格段と良くなり、今でも使い続けています。

何でもある現代で、《使い捨ての感覚ではなく物を大事に使うこと、自然素材の良さを感じること》を教えることは、子どもの情操教育にとても役立ちます。

みなさんもぜひ、木製お弁当箱で子どもの成長を見守りませんか。
毎日丁寧に手入れして何年も使い続けられるお弁当箱、ぜひお試しください。


おさ丸木製お弁当箱 センダン https://www.kosodate-ryouhin.co.jp/SHOP/675.html

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

久しぶりのマメ知識メルマガ、いかがでしたでしょうか。
私はこの記事を書きながら木製お弁当箱を作ったキッカケを思い出し、子どもたちの幼い頃が浮かんできて懐かしさを感じています。

やれ幼稚園だ、学童クラブだ、部活だ、バイトだとお弁当を持たせてた子どもたちが、今は県外で就職したり県外の大学に入学してるんですもの。
大変だと思っていた子育てもあっという間に過ぎるものですね…。
少し寂しくなってきました(笑)

ちなみに、長男が高校生まで使っていた木製お弁当箱は、今は小学生の次男が使っています。
県外にいる長女は自分で木製お弁当箱にお弁当を作って、毎日楽しく大学に通っているそうです。

それでは、今日はここまで。
明日もみなさまにハッピーな事がたくさんありますように★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご飯が美味しくなる人気の国産木製お弁当箱

雑誌でも紹介された沖縄子育て良品の木製お弁当箱は、通気性があり腐敗しにくく、「ご飯が冷めても美味しく食べれる」と好評いただいています。

安心安全の国内製造・天然素材の温かみで、嬉しいお名前(イラスト)入れサービスもあるので、入園祝いや入学祝いなどの贈り物にも最適。

人気のビーンズ型の他、四角型・はあと型・小判型・長角型・たまご型・スクエア型・オーバル型etc…、かわいい形や個性的な形など、種類も豊富に取り揃えています。ぜひ下記から商品をチェックしてみてください!


人気の木製お弁当箱を見る

赤ちゃんから使える日焼け止め

アロマの日焼け止めベビー&キッズ

ノンケミカル無添加・国内製造の赤ちゃんから使えるお肌に優しい日焼け止め

月桃&ももの葉保湿ジェル

月桃&ももの葉保湿ジェル

夏はあせも予防に、冬は乾燥肌予防に、一年中家族で使えるしっとり保湿液

ママも赤ちゃんも快適ベビースリング